AIや機械学習を学習したいので、Progate(プロゲート)でPython言語の学習スタート

プログラミング

テックアカデミーとProgate(プロゲート)

テックアカデミー受講してWebサービス開発、絶賛公開中

テックアカデミーでのWebアプリケーションコースが終了し1ヶ月が経った。

Webアプリケーションコースでは、サーバーサイド言語の「Ruby」を中心に、

Rubyのフレームワークである「Ruby on Rails」を使いWebサービスを開発しました。

自分が開発したWebサービスはherokuで公開中です。

Magnet

Web開発やアプリ、ブログの作成など困っている方と協力してくれる方をマッチングさせる人材マッチングサービスです。

処女作なのでまだまだ改善の余地ばかりですが、サービスとしては成り立っているはずです。

Ruby言語を勉強してよかったと確信

受講前から作りたいWebサービスがあったわけではなかったので、

ブログを良くしたいという目的もあり、ぎりぎりまでWordPressコースと悩みました。

プログラミングを勉強するという点では、Webサービスを作ることが近道と判断しWebアプリケーションコースを受講することに。

振り返るとWebアプリケーションコースでがっつりRubyやRailsを勉強したことは、

今後の展開を考えるにしてもとても良い機会となったと思う。

そもそもログラミングの学習を始めるきっかけは自分がプログラミングに適正があるか判断したかったから。

なんの知識もなく学習を開始した頃は、とりあえず書籍を買ってHTML/CSSを学習し、本の内容をひたすら写経していました。

HTMLやCSSはもちろん人が見るページを整える大切な言語なのですが、プログラミングをやっているというよりはコーディング(ここでいう写経)に近いと思いました。

条件分岐や繰り返し文などを使って、自分が実行したい処理をどのようにコードで書いていくかといった内容ではないし、

なんといってもエラーがない。これは想像以上に大きな違いだと思う。

Webサービス開発して思ったけど、エラーがないと自分のスキルはのびない。

エラーが自分のスキルをのばしてくれる。

これは間違いない。エラーでたら、自分で調べない限り先に進まない。

解決するにはいやでもかなり調べる必要があるから。

「写経」よりもオンラインでさくっと勉強を開始しよう

そんなこともあって書籍を2冊ほど写経してからは、

Progate(プロゲート)というオンライン学習サービスを使ってプログラミングの勉強を始めました。

書籍で学習していた時期から1〜2ヶ月ほど経過していたのもあって、プロゲートでは最初にHTML/CSSの復習から。

徐々に温まってきたころには開始して約1ヶ月ほど経過していました。

プロゲートでの学習はすごく楽しくてカリキュラムを進めていくとどんどんレベルが上がっていく。

デザインに動きを実装する「JavaScript」の学習もさらっと終え、いよいよ「Ruby」に着手。

その頃には2ヶ月ほど経っていたと思う。

ターミナルでのコマンドの打ち方や変数の考え方、特にRubyではクラスやメソッドを使ってWebサービス内のページや機能を実装していくのだけど、

クラスやらメソッドという聞きなれないことばに悪戦苦闘。

結局19ものカリキュラムを2周して、やっと大まかに理解できたレベルだった。

開発環境の構築で挫折する前に、テックアカデミー受講しちゃおう

こっからがとても大変。

せっかくRubyやRailsを学習しても使う機会もないし、どうやって使うかがわからない。

プロゲートでは開発環境はすでに整っているので、テキスト通りに進めていくだけで困ることはない。

なんとかしてRubyを使って何かしてみたい。

開発環境を自分のパソコンに構築したり、Gitを使って進捗を管理したり・・・

自分で調べて1からそれぞれを学ぶのには限界を感じた・

ということでテックアカデミーのWebアプリケーションコースを受講することに決めた。

3ヶ月間で23万円のコースを支払った。

高い気もするが、始める前にスクールなども比較し、カリキュラムとサービス内容を考慮すると安すぎるとも感じる。

後悔はまったくしていない。

テックアカデミーにはいい評判も悪い評判もあるけど、

ひとつ言えることは今までにプログラミングを一切やった経験がない方には、

いきなりテックアカデミーのコース受講は進めないということは言える。

単純にテキストも専門用語が多いし、メンターさんとの面談でもわからないことを質問できず、質問しても回答が理解できないことも少なくない。

自分も最初はそうだった。

ただプロゲートでRubyとRailsを勉強していたので、そこまで難しく感じることは多くはなかった。

そういう経験から、まずはプロゲートで自分が使用する言語の基礎中の基礎を学習することをお勧めする。

それからさらに深く学んでみたい、短期間でスキルを身につけたい、という強い意思があるのであれば20万近くはらって受講すべき。

先ほども言ったが内容に後悔することはない。

カリキュラムが開始したら、生かすも殺すもあなた次第という感じ。

開発環境やbootstrapの使い方など、どんどんカリキュラムを進めてWebサービスの開発を始められるようにすることが先決。

カリキュラムの内容は与えられた課題をこなす時には理解しているけど、

1ヶ月もしたら前の内容なんて忘れてるから、課題を早くクリアして開発に時間をかける。

Webサービスを開発すると、カリキュラムを見直して、見直してわからないところはググって、メンターに相談の繰り返し。

カリキュラムでの内容は本当に基礎の基礎で、エラーの連続。

いつの間にか使えるようになってるから大丈夫。

ひたすら嫌になる時もあるけど、エラーの理由がわかって解消したときの快感は忘れられない。

それがプログラミングの楽しみの1つでもあると思う。

なんでもいいから1つ言語を学べば次はだいぶ楽だから

ということで、まずは自分のやりたい内容を漠然と考え、言語を選ぶ。

選択した言語の基礎をプロゲートで学習して、興味がわけば実際に開発に移ればいい。

私はテックアカデミーをおすすめする。

特にやる気があって短期間でスキルを身につけたい方に。

あと1つの言語でサービスやシステムが開発できるようになれば、次の言語もだいぶ楽に勉強できるよになるから。

それはプロゲートでPython言語の学習をして気づいた。

ほんと導入なんかRubyの復習かと思うぐらい類似している。

とりあえずやってみればいいよ。

だめだったら辞めればいいだけだから。

そんなわけでPythonの勉強を始めたので、次の展開や学習の経過など別の記事にでも書こうと思う。

プログラミング