ソニーアクションカムのハイライトムービー機能がとんでもなく便利すぎる件

2018年9月30日海外旅行, ActionCam

みなさんは旅行に行かれる際、どんなカメラを持って出かけられますでしょうか?

旅行先では一眼レフやミラーレスカメラを首からかけて大事そうに持たれてる方や、

若い子であればiPhoneといったハイエンドスマホだけの方も多く見かけます。

pasja1000 / Pixabay

最近のスマホであれば、十分カメラの代わりになるでしょうし、写真や動画をSNSですぐにでもシェアしたい方にはスマホに勝るものはなかなかありませんね。

どのカメラも一長一短ありますが、トリップワークスではGoProを代表するアクションカムをご紹介しています。

アクションカメラの購入をご検討されてる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

GoProは最新機種がでたため、少し古い記事にはなりますが当ブログの人気記事です。

この記事ではアクションカメラの持つ動画編集機能についてご紹介いたします。

そもそもアクションカメラとは?

アクションカメラというと「GoPro」というイメージが強いかもしれません。

ですが、私がおすすめしているSONYのアクションカムを始め、パナソニックやオリンパス、シャオミなど多くの会社から販売されています。

アクションカメラを使ったことない方や普通のカメラと一体何が違うの?と思われてる方は、こちらの映像をみるとイメージできると思います。

この動画は「GoPro Hero5」で撮影されたものです。

かなり広角で撮影できていると思いませんか?

それに加えて、振動や水といった通常のカメラでは撮影が難しい過酷な状況でも撮影ができています。

アクションカメラとは、自分の目線から見た動画を撮影するために特化した小型のカメラの総称で、

通常のカメラでは避けるべき振動や水中といった過酷な状況でも撮影ができることが特徴です。

特にウインタースポーツやバイク競技などで撮影されるケースが多いです。

アクションカメラは様々なアクセサリを一緒に使うことで、通常のカメラでは考えられないような撮影を可能にします。

私の場合は、バックや自撮り棒に装着して撮影することが多いです。

実際に撮影した画像がこちら。

自分の目線に近い感覚で撮影できていると思います。

そんなアクションカムですが撮影だけでなく編集機能を備わっており、

撮影した動画から特徴のあるシーンを検出して、自動でハイライトムービーを作成してくれる機能が便利ですのでご紹介します。

SONYアクションカムのハイライトムービー機能が便利

こちらはSONYのアクションカムに備わっている機能です。

私が使っているアクションカメラは「SONY HDR-AS300」という機種です。

SONYのアクションカムは内臓のWiFiを使うことでスマホと連携することができ、

撮影した動画の確認や撮影中の様子をリモートで確認することもできます。

まずは実際にハイライトムービー機能で作成した動画をご覧ください。

こちらはスコットランドで撮影したトーチライトイベントの様子です。

こちらは中部国際空港から上海空港までをまとめた動画になります。

こちらはロンドンのテムズ川船上ツアーをハイライトした動画になります。

撮影した動画をスマホと連携し、SONY専用のアプリ「PlayMemories Mobile」を使って作成できます。

使い方は簡単で、お持ちのアクションカムと連携しているスマホに専用アプリをインストールし、アクションカムと接続します。

そしてアプリを開き、設定からハイライトムービーメーカーを選択。

さらに設定から、作成する動画の長さやバックミュージック、サウンドのボリュームなど設定し、

動画を選択すると自動的にハイライトを作成してくれます。

1つや2つではなく、複数の動画を選択することでよりハイライト感がましますよ。

より詳しい説明が欲しい方はこちらのリンクを参照してみてください。

またバックミュージックはオリジナルで8曲入っており、自由に使うことができます。

視聴したい方はこちらから。

オリジナル以外のミュージックを取り込んで使うことも可能です。

引き続き、アクションカムに関する情報を更新していくのでお楽しみに♪

2018年9月30日海外旅行, ActionCam