クアラルンプールが絶対好きになる!おすすめ観光スポット10選

世界一周, 海外情報, マレーシア

この記事を書き始めた日は、台風5号が三重県に最接近し会社から帰宅指示を受け13時には帰宅していました

途中で仕事を切り上げたこともあり、まだまだやることが残っていましたが、昼に帰ってゆっくり記事を書けるのはたまにはいいですね

会社員ということで記事を書くのは定時後と土日がほとんどなのでうれしい!!

そんなこんなで、これまでマレーシア、クアラルンプールの観光情報に関する記事を投稿してきましたが、これまでに紹介したクアラルンプールの観光スポットだけでなく、「クアラルンプールにまた観光したい!」と思って頂けるオススメの観光スポットはまだまだありますので、今回まとめ記事として紹介していきたいと思います(※2017年8月更新)

ペトロナスツインタワー(KLCC)

クアラルンプールの一番有名な観光スポット「ペトロナスツインタワー」

タワーへのツアーは人気で事前の予約無しにはなかなか入れないほどの人気スポット!
マレーシアの物価に比べると入場料は少し高めの設定ですが、行く価値あり

タワーの6階までスリアKLCCという巨大なショッピングモールも入居し、観光だけでなくショッピングも楽しめる一石二鳥の観光スポット

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

ブキ・ビンタン(パビリオン)

「クアラルンプールの原宿」、マレーシア的には銀座といった雰囲気を味わうことができるクアラルンプール随一の巨大ショッピングセンターが建ち並ぶエリア「ブキ・ビンタン」

その中でも有名ブランドからコスメ、ダイニング、フードコート、映画館といった複合施設「パビリオン」は幅広い年齢層から人気を得ている人気の観光スポット

ブキ・ビンタン周辺では夜になると屋台街に観光客が集まり賑やかさを増し、ナイトスポットとしても人気

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

詳しい情報はこちらから

セントラルマーケット

クアラルンプールで最も人気のあるお土産スポット「セントラルマーケット」

ここではマレーシア各地の民芸品やお菓子、コスメなどが揃う他、タイやインド、中国といった近隣諸国からの輸入品も購入できるショッピングスポットです

ランカウイ島の万能薬として知られるクアラルンプールの有名スパグッズ「ナマコ石鹸」もここで購入できます

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

詳しい情報はこちらから

チャイナタウン

日本に比べ物価の安いクアラルンプールの中でも、さらに低予算で楽しむことができる観光スポットとして有名な「チャイナタウン」

昼頃から露店や屋台がどこからともなく現れ、夜にはナイトマーケットが開催される。中には偽物も売られており、注意が必要です。購入時の値段交渉も旅の醍醐味のひとつ

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

詳しい情報はこちらから

スリ・マハ・マリアマン寺院

マレーシア最大のヒンドウー寺院「スリ・マハ・マリアマン寺院」はチャイナタウンやセントラルマーケットから徒歩10分程度の場所に位置しており、合わせて観光ができるのでおすすめ

後ほど紹介する「バトゥー洞窟(バトゥーケーブス)」で開催されるヒンドウー教最大規模のお祭り「タイプーサム」で使用される神様がこの寺院から牛に引かれて行進することでも有名

昼夜問わず祈りを捧げており、訪れた際には祈りの儀式を覗いていってはどうでしょうか?

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

詳しくはこちらから

バトゥー洞窟(バトゥーケーブス)

クアラルンプール中心市内から電車で20分で行くことができるマレーシアの秘境「バトゥーケーブス」

ヒンドウー教の神々が祀られ、ここではヒンドウー教の本場インドでもその内容がグロすぎる・危険すぎるということで禁止になったSM祭り「タイプーサム」が開催される場所としても有名

272段もの階段を登った先には神秘的な洞窟が広がり、まさに秘境とはこのことかと感嘆するほど綺麗です

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

詳しくはこちらから

ブルーモスク(シャー・アラム)

世界で4番目に大きいと「ブルーモスク」は市内から約40分程度で行くことができ、無料の観光ガイド(英語)があり、日本人観光客からは絶大の人気を誇っています

2016年には屋根の改修工事が行われ、ブルーモスクの代名詞である青色の屋根を最高の状態で見ることができます

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

詳しくはこちらから

クアラルンプール・シティ・ギャラリー

クアラルンプールについて詳しくすることができるギャラリーとして有名で、ギャラリー前のモニュメントは人気の撮影スポット

ここではクアラルンプールの歴史や近未来の都市設計を模したミニチュア模型、それだけでなくデザイン会社を構えており、ウッド調のお土産を購入できることでも大人気

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)

後ほど紹介するムルデカ・スクエア(独立広場)の対面に位置するビル

ビルとムルデカ・スクエアに挟まれた道路は、自動車の通行が禁止されており大勢の観光客がビルをバックに写真撮影を行っている

クアラルンプール・シティ・ギャラリーから徒歩3分の距離にあり、ムルデカ・スクエア広場で一休みする観光客も多い

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

ムルデカ・スクエア(独立広場)

クアラルンプール・シティ・ギャラリーから歩いて1分のところに位置し、芝生がきれいに整備され観光客のみならず地元の方々も体を安めに訪れる人気のスポット

向かえには人気の撮影スポット「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」もあり、観光客にとっては一石三鳥のオススメ観光スポット

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

最後に・・・

クアラルンプールは電車や市内の無料バスを利用することで、簡単に観光ができます
今回紹介した10個の観光スポット以外にもまだまだオススメのスポットがありますので、後ほど紹介していきます

ぜひこの記事を参考にマレーシア、クアラルンプール観光を楽しんでくださいね