【観光客必見】チャイナタウン周辺が熱い!お土産選びにはセントラルマーケットがオススメ

2018年9月25日海外旅行, マレーシア

帰国日が近づいてきたこともあって、お土産選びに奮闘中のstefanoです

「クアラルンプールでお土産買うのはどこがオススメ?」
「バラマキ用のお土産やここでしか手に入らないお土産が手に入る場所はどこ?」

クアラルンプールに行かれる予定のある方によくご質問をされます

クアラルンプールでオススメのお土産スポットは「チャイナタウン周辺エリア」です!

チャイナタウンについて

LRTのパサール・スニ駅から徒歩5分ほどに位置し、プタリン通りを中心としチェン・ロック通りからバライ・ポリス通り一帯に広がるのがクアラルンプールのチャイナタウンです

植民地時代からの古い街並みが続き、夜になると辺り一帯が提灯の光に灯され屋台や露店がたち並び観光客で溢れかえる人気のスポットです

昼間は露店もでておらず、安宿が多いこの辺りではバックパッカーがちらほら歩いてる静かな通り
夜を迎える頃にはどこからともなく屋台や露店が集まり、休日は昼間からすでに人でいっぱいです

22:00を超えると店じまいが始まり、これまでの賑やかさが嘘のよう

露店ではお土産品だけでなく偽物品が多く売られおり、しっかり品定めしてからご購入ください


私はお土産用にバットマンがプリントされたTシャツを35リンギットで購入

ここでは中国のハーブティーが楽しめることで人気、ハーブの他にドライフルーツなども混ぜており健康にとてもよいとのこと
色がどす黒いので勇気がです、断念。ぜひ飲まれた方がいらっしましら感想お聞かせください

お土産スポットといったら定番「セントラルマーケット」

セントラルマーケットをご存知でしょうか?

チャイナタウンと同様にパサール・スニ駅から徒歩5分の場所にあり、マレーシア各地の民芸品から、タイや中国、インドなどの近隣諸国からの輸入雑貨が集まる定番のショッピングスポットです

セントラルマーケットへのアクセス

LRTパサール・スニ駅を出て連絡通路を通るとまもなく大通りにでます

大通りでると左手に見える薄い青色をした建物が目的の「セントラルマーケット」です
この大通りには信号がないので、車の間をぬって渡ります
恐い方は一緒に渡る現地住民について行けば大丈夫です!

なんでも揃うクアラルンプールのセントラルマーケット

2012年の改装を経て、1階には民族別ゾーンが新たに増設されました
華人街やリトル・インディアといったゾーンに各国のお土産が所狭しと陳列されています

セントラルマーケットでは、マレーシア特有のピューターと呼ばれるスズを原料にしたビアマグが手に入ります
ビールは冷たさをキープし、ワインは口当たりをマイルドにする効果がありお土産には大人気

その他にもベストビーチNo.1に選ばれたこともあるランカウイ島で、万能薬として親しまれてきたナマコを使った石鹸やハンドクリームも購入できますよ

バラマキ用で日本人に人気なマンゴーグミ!グレープや青リンゴとアソートした詰め合わせパックが5リンギット、マンゴーのみも購入できますよ。およそ30粒ほど入ってます

その他にもユニクロをパクった?店や蜂の巣なども購入できる

最近ではセントラルマーケット前の新設された撮影スポットが人気になっています

チャイナタウン周辺のオススメ観光スポットを紹介

スリ・マハ・マリアマン寺院

1873年に建てられたマレーシア最大のヒンドウー教寺院で、一部改装されるなどして綺麗に保存されており、昼夜問わずインド系の人々が祈りをささげに集まってくる
ヒンドウー教でなくても見学することができる

毎年1〜2月に行われるタイプーサムの大祭には、2頭の着飾った牛に神様が引かれバトゥ洞窟まで行進を行うそうです

入り口で靴を脱ぎ預けてから入場します

極彩色に彩られた天井の壁画が日本にはない独特な雰囲気です

観光客が集まり撮影している先には祈りのための儀式を行っています

神聖な音楽とともに祈りが捧げられています

アクションカムではなく携帯で撮影したので、手ぶれがひどい
やっぱりSONYの光学手ぶれ補正はすごい

中国の関帝廟

中国で一番愛されていると言っても過言ではない三国志の人物「関羽」
華人がいる所に関帝廟があるとも言われ、至るところに祀られています
ここでも関羽が祀られており見学することができます

今回は運が悪く入場することができませんでしたが、普段は入場できるので興味あるかたはぜひ行かれてみてはいかがでしょうか
詳しい情報はこちらから入手してくださいね

以上、クアラルンプールのオススメお土産スポットと観光スポットの紹介でした
ぜひいいね!シェアをお願いします

2018年9月25日海外旅行, マレーシア