会社員でもできる世界一周15カ国目はマレーシア、いざ関空へ

世界一周, 旅行術, マレーシア

マレーシアのクアラルンプールへ旅行を行く直前まで、夏風邪をこじらせている筆者STEFANOです

ブログ更新ができておらずすいません

日曜日から喉の痛みと咳が出始め、月曜は残業、火曜は出張で病院に行けず市販の薬を買って飲んだものの間に合わず火曜の夜にはうなされていました

ふらふらで出勤し精がでる訳もなく、定時帰宅し病院へ直行し抗生剤をもらって10時間ほど睡眠をとりました

木曜には喉の痛みはすこし治りましたが、痰がからむ咳がでてすこぶる元気とはいかない体調です

7/13木曜日のPM10時関空発で、クアラルンプールまで約7時間のフライトです

亀山駅から関西国際空港までは最安料金で2810円、片道4時間弱の道のり、体調が万全でないこともありさすがに少し不安です・・・

出発前の荷物を紹介、収納には100均のポーチがおすすめ

意識朦朧としながら出発前日にホテルの予約と荷物のパッキングを完了させました

今回は3泊なので、荷物は最小限に抑えブログ用のガジェットを充実させることに

衣類のリストはこちら、1日目が雨ということで濡れることを予想して衣類少し多めです

  • 下着とTシャツ、靴下 4泊分
  • 長袖Tシャツと長ズボン 各1着
  • メッシュのランニングシューズとスニーカー 各1足

衣類系は全て100均で買ったポーチに収納、このポーチは何かと便利

次にガジェット一式

  • 編集用MacBook Air
  • MacBook Air 充電器
  • イヤフォン
  • SONY ActionCam HDR-AS300
  • アクションカム用バッテリー2つ
  • アクションカム用バッテリー2つ同時充電可能充電器
  • 充電バッテリー
  • バックパックマウント
  • アクションカム用三脚

これも100均で購入したポーチに

マレーシア用のコンセントプラグはBFタイプで、持っていなかったので空港で購入します

他にも旅人のバイブル「地球の歩き方」や収納便利な「mont-bell」の水筒、折りたたみ傘、筆記具をパッキングしました

このモンベルの「ウォーターパック:は使わない時は折りたたみができ、ペットボトルをいちいち持ち運ぶ手間が省け便利です

収納方法に関しては別記事にまとめているので参考にしてみてください

いざ関空へ

亀山駅から関西本線で加茂駅へ向かい、大和路線に乗り換えJR天王寺を目指します
所用は4時間半、こんな時間あったら台湾いけるっての

本当亀山から空港にでるの面倒で一苦労

天王寺からは阪和線関空快速に乗り換え50分で到着です

りんくう駅を超えると海が見えてきます!テンションは徐々に上がってきているけど、咳とまらずめちゃんこ辛い(泣)

海が見えてから約10弱で関西空港駅に到着します

今回は第1ターミナルから出発、改札口左手です

ターミナル1でも使用する航空会社によりゲートが異なり、北と南があるので注意です

エアアジアは南、南ゲートはこんな感じ。少しくらめ

チェックイン前に薬を飲むため食事をとりにレストランフロアへ移動します
関西空港のレストランフロアは2階と3階になります

3階にある「マルゲリータ」というお店でカツカレーを注文

体調が悪くなるとカレーが食べたくなるというのは本当、まだ食欲があってよかった笑

オニオンスープだと研修中の店員さんに言われ注文したスープには全くオニオンは入っておらず、キャベツのみ・・・

ブイヤベースのスープってことね、研修中ということで許してあげました

食後は一度2階にあるATMで日本円をおろし4階直通のエスカレーターでエアアジアのチェックインカウンターに向かいます

出発3時間前でしたがすでに長蛇の列、並ぶこと1時間でやっとチェックインできました

機内持ち込みは7キロまでとのこと、1キロオーバーしていましたがパソコンが入っているということで免除してもらいました。原理はなぞのまま

では出発します!