万里の長城にスリッパで行った話

2017年6月30日世界一周, 北京

中国北京での留学生活が始まってから最初の土曜日に、万里の長城へ行くことになりました

北京市の北部に位置し、全長約2万1200kmとされ東から西を横断しています。その姿は龍の姿を思わせるほど壮大で世界遺産にも登録されており、中国にとって誇り高い観光地のひとつとなっています

万里の長城へは大学が手配したバスに乗ったので、何も苦労せず到着してしまったのですが、
万里の長城までの行き方を調べたので参考にしてください

万里の長城へはバスや鉄道で行くことが可能ですが、バスが一番簡単で楽です
いくつか観光ルートがあり、行き先によって出発地がことなるので注意してください

八達嶺長長城までの行き方

地下鉄2号線積水潭(せきすいたん)駅A出口から東に向かうと大きな門楼が見えてきます
その門楼の北側に八達嶺長長城行きの877直通バスの乗り場がありますので、バスがきたら乗り込めばあとは乗っているだけです

価格は12元/人ですのでかなり安い・・・鉄道の方はもっと安いらしい(6元)

今回は慕田峪長城ルートに連れてきてもらいました

慕田峪長城までの行き方

地下鉄東門駅により旅遊専線936系統のバスに乗車することで直通で行くことができます

バスで到着すると綺麗な建物と広場が迎え入れてくれます

門をくぐるとお土産屋やバーガーキングなどのお店が広がります

ここまできてバーガーキング!?という立地ですが、なぜか食べたくなる
たべてから帰ろう・・・笑 さすがに油まみれの食事から脱したい

お土産やで弟から頼まれてい掛け軸を購入、選べるように冬の万里の長城とありきたりの龍の掛け軸二つを値切って150元で購入、一枚75元(1200円程度)
少し高い気がしますが、お土産なので奮発

レストランエリアを抜けると石畳が広がります

シャトルバスやリフトを使うことで、ショートカットしてメインコースに向かうことができるそうですがせっかくなので登ります

夏の北京で大雨にやられスリッパで万里の長城へ向かうことに・・・

夏なのに大雨と雹に振られびしょ濡れになって帰った昨日の今日なので、くつが乾いていなかったこともあり、大学の売店でかった10元サンダルで万里の長城へ向かっていました

交通機関も麻痺するほどの雨量で傘は役に立たず、付き添いの女の子はゴミ袋で即席ウインドブレーカーを作って雨宿りしていました!

半分以上は開き治って、濡れに行っていますが笑

そんなわけでスリッパで山道をのぼり続けます

万里の長城は標高も高く北京と比べ気温も少し下がるそうですが、そんなことは全くなく持ってきた水が蒸発してなくなるぐらいの暑さ

到着するまでに何本の水をかったことやら、安いので構わないけど(高くて2元=30円程度)

やっとのことでメインコースに到着、達成感半端ない!

スリッパ意外は最高!

万里の長城からの景色は壮大で、郊外ということもあり北京では滅多にみれない晴天が広がります世界遺産に登録される万里の長城に、スリッパでいることのギャップがたまりませんが笑

帰りも同様にリフトでおりることができますが、歩いて下山。途中でスリッパ壊れ散々でしたが、最高の思い出になりました

ツアーでの参加はもちろん、北京からは日帰りも可能なので、ぜひ万里の長城に訪れてみてください!

2017年6月30日世界一周, 北京