被災地クライストチャーチを訪問、そしてニュージーランドの旅は終了

2017年6月11日海外旅行, ニュージーランド

天気に恵まれマウント・クック見れました

クイーンズタウンから南島最大級の観光スポットであるミルフォード・サウンドでクルーズと遊覧飛行を楽しんできました

クイーンズタウンへセスナで戻り、明日の移動に備えます

次は最終目的地クライストチャーチへ向かいます

クライストチャーチへはクイーンズタウンからマウント・クックという山を経由するルートを選択

マウント・クックは英名で、マオリ語では「アオラキ:雲を突き抜ける山」と呼ばれている

この山を中心に標高3000mを超える山々が連なり、その姿は南半球のアルプスと例えられる

年平均降水量4000mm、降水日数149日という不安定な気象のため、

マウント・クックをはっきりと見ることができる方は運がいいらしい。幸運の持ち主ですな

クイーンズタウンを朝出発し、昼頃にはマウント・クックを遠くに眺めることができる距離までに

今回は天気もよくなんとか見れそうです

さらにマウント・クックへバスを進め、麓のホテルで昼食をとりました

ビールを片手にマウント・クック、最高です!

マウント・クックには国立公園もあり、ウォーキングコースもたくさんあるので

ぜひ興味あるかたは挑戦してみてください

クライストチャーチの静けさは異様

昼食後バスに戻り、クライストチャーチに着いたのは16時頃

予約したホステルまで送迎してもらい、チェックイン

まったく人がいない、不気味なぐらいに

みなさんもご存知だろうが、2010年に起きた大地震によってかなりの街並みが失われました

現在も復興中で、町中は工事作業員が目立ち、レストランも少なく探すのに苦労するほど

この状況についてレストランの店員と話すことができ、クライストチャーチに住んでいた人々は
ほとんどが北島に移動したそう

復興を頑張っているが、日本のような活気はなく日本の再建意欲は素晴らしいと話していました

レストランではラム肉と貴重は話をいただき、クライストチャーチの思い出としました

同じ被災国として思うこともたくさんありました

次の日はクライストチャーチからオークランドへ向かい飛行機が夕方発だったのですが、

あまり観光する気にもなれなかったので、空港へ向かいオークランド行きの飛行機を早め
オークランドへいち早く戻ることにしました

オークランドから日本へ戻る飛行機にのり、このニュージーランドの旅は終了です

 

2017年6月11日海外旅行, ニュージーランド