安宿少ないクイーンズタウン、バックパッカーは注意して

海外旅行, ニュージーランド

ワカティプ湖が広がるクイーンズタウン

今いるクイーンズタウンは南島の中でも特に観光客が多い町

目の前に広がるワカティプ湖畔から「ビクトリア女王にふさわしい」ということで名がつけられた

細長いSの字を描いた形を持つ氷河湖で長さは77km、1日に何度も潮の満ち引きのように水位が変わり、水位の高低差は約20cmにもなる

マオリの伝説ではグレノーキーを頭、クイーンズタウンを膝、キングストンを足、ワカティプ湖底を体に持つ巨人の心臓の鼓動のためとの言われもある

そもそもワカティプはマオリ語「ワカ・ティプア・ワイ・マオリ:巨人の横たわる谷間水」に由来

ニュージーランドでは3番目の大きさを誇ります

安宿少ない!?バックパッカーは注意、クイーンズタウン

そんなクイーンズタウンで宿なしの2人です、ほんとホステルが少ないんです

1月1日でもあって、まったく予約も取れず3件ほどまわって空室を探したのですが全くだめでした

クイーンズタウンではバックパッカー用の安宿を利用される予定の方は早めにおさえることを勧めます

1月2日の宿はお互いに予約できていたので、なんとかこの夜をこせばベッドにありつけるということでクイーンズタウンの夜をぶらつきます

お土産ショップなども周りますが、夜になると当然クローズ

日本みたいに居酒屋があるわけでもなく、互いに節約旅中なのでファーグバーガーを食べたことで満足

夜までやっている場所といったらバーかカジノぐらいしかありませんでした

バーにずっといられるほどの余裕はありません、ニュージーランドはびっくりするほど物価が高いのです

水500mlが300〜400円は当たりまえ、日本食レストランでラーメンは1500円、串1本500円です

そんなわけでカジノで朝を迎えるわけです・・・若干の勝ちで終えました

クイーンズタウンを一望できるスカイライン・ゴンドラへ

朝になり2人とも予約したホテルへ荷物を預け、再度集合しスカイライン・ゴンドラで展望台に向かいました

町の北西に位置するブレゴン・ストリートにある乗り場へ向かい、ゴンドラで展望台へ向かいます

ゴンドラからの眺めは最高、ワカティプ湖が拝めました

ここでは専用コースを滑りおりるアクティビティのリュージュができます

ゴンドラから一部コースが見えました

バンジージャンプもできますよ

ゴンドラの料金は$27です、ぜひゴンドラに乗ってクイーンズタウンを一望してみてください