世界三大瀑布ナイアガラの滝へ、霧の乙女号に乗船し滝壺でびしょ濡れ体験

世界一周, カナダ

ニアガル(雷轟く水)と呼ばれたナイアガラの滝へショートトリップ

学校の休日は先生の引率でメンバーとショートトリップをすることが可能で、学校から車で1時間ほどで行くことができるナイアガラの滝へ訪れました

ナイアガラの滝はカナダ オンタリオ州とアメリカの国境にあり、南米のイグアス、アフリカのビクトリアと並ぶ世界三大瀑布のひとつ

かつてこの地に暮らしていたインディアンが「ニアガル(雷轟く水)」と呼んでおり、諸説あるが偶然にもナイアガラの滝を見つけたフランスの探検隊が先住民の紹介を「ナイアガラ」と聞き間違えたことが由来であるとされている

世界中から観光客が訪れ、高さ54m、幅670mもあるこの滝は、おおよそ1万年前の氷河期に形成され、氷河が削った断層に滝ができたのが始まり

特にカナダ側から見ることのできるナイアガラの滝は急カーブで弓なりになった形を持っており、ホースシュー(馬蹄)滝とも呼ばれ写真撮影にはもってこいのスポット。
手前側がアメリカ滝、奥側がカナダ滝になります

季節により多少水量に違いがあり年間を通じて観光が可能。真冬にはナイアガラの滝も凍り、いつもと異なる表情をみせるので、カナダに長期間留学している方はぜひシーズンごとに訪れてみてはどうでしょうか?

滝周辺は安全面、観光面ともに便利に整えられています。もちろんナイアガラの滝までのツアーはどこにいっても参加可能、個人でもトロントから鉄道2時間で訪れることができますよ

目の前真っ白!?「霧の乙女号」でびしょ濡れに

ここでは空・船・陸といった様々な交通手段で楽しむことができます。
ナイアガラ・ヘリコプターや洞窟ツアー、そして私が参加したのは遊覧船で滝壺に接近する「霧の乙女号」です

1864年から続く名物アトラクションで、ナイアガラの雷鳴と呼ばれる滝の轟音と水の勢いを間近で体感することができます

価格は大人カナダ$16.5、子供カナダ$10.1、受付でチケットを購入したら、渡される青いレインコートを着て船のデッキまで降り乗船

船はアメリカ滝の目の前を通り過ぎてから、カナダ滝の滝壺へ接近します

接近した瞬間、滝しぶきで視界を失います!!もうびしょ濡れです笑

接近後しばらく停留してから戻り、所用は30分程度です

確実に濡れますので、電子機器類は濡れないよう工夫しておくのが賢明!

タオルもあったほうが良いです、私はなくて2時間ぐらい乾くのを待ちました…夏だったのでよかったですが笑

 初のカジノで負け戦!?

ナイアガラの滝周辺には展望タワーやアミューズメント施設、カジノ、宿泊施設など充実しており、私たちはカジノ・ナイアガラに向かいました

カジノに入る時にはパスポートが必要で、手に入室許可のスタンプを押してもらいました

許可を受けエスカレターに乗ると会場に到着です。中は撮影禁止ですのでご注意ください

カジノには1時間滞在し、ルーレットで勝負しましたが3000円の負けでした。
くれぐれも引き際にはご注意を!

次はホストファミリーの知り合いが経営しているりんご園「Chudleigh’s」に連れて行ってもらいます!

世界一周, カナダ